「防災技術」を得意とした3次元設計を可能とすること

サラリーマン時代に土砂崩れで生き埋めになった人がいる土砂の上を歩き、土砂が流出しないように夜を徹して設計を行う機会がありました。
遺族の御家族と現地で会い、兆候があったのにもかかわらず、無念さを語っておられたのをいまでも忘れることができません。そんな経験から水害や土砂災害に真剣に向きあい、地域の人々が安全に暮らせる土台を支えたい、そんな一心で20年間、防災にかかわる設計にかかわってきました。

その間にアナログからデジタルへ、二次元から三次元へと情報通信技術が進化しています。
さらに専門からユビキタス社会へと向かっています。

私たちは、防災技術に情報通信技術を積極的に導入しております。そんな折にCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)と出会いました。
従来の専門家だけでの決定ではなく、地域の人々にもわかりやすく、計画段階でも参加できる設計を目指し、三次元設計構築していく所存です。

ラグロフ設計工房 代表取締役 金重 稔

ラグロフ設計工房 ご挨拶

地域のライフラインを災害から守る技術を研鑽し、安全安心な社会づくりに貢献する。

防災は広くありますが、地域に密着した山間地区に特化した防災技術を研鑽します。 岡山の山間地域に安全安心して企業が育ち、ライフラインが途絶えることなく生活できる環境になる お手伝いをしたい。

地球温暖化の影響で毎年、水害や土砂災害の被害が深刻化しています。被害が甚大にならないように 強固で長く安心できる技術を提案します。

GIS(地図情報)とCIM(生産情報システム、三次元モデル)といったIT技術を積極的に利用し、原因やデータを解析し将来に繋げます。

社名の通り「笑顔」がテーマ。
業界は、かっこよく言えばインフラ整備事業ですが、業界は、3K(汚い・キツイ、危険)と言われ、 敬遠されがちです。さらに公共事業削減の時代を経て、人材が不足しています。
暗い事ばかりが目につく中、20年近く、建設業界に従事させてもらっているので、お客さまを笑顔にすることを大前提としますが、社員教育を通じて、防災技術を駆使する楽しさを伝え、社員も笑顔で暮らし、業界に人が増えるお手伝いをします。

災害から暮らしを守るために技術を探求し、国土保持と技術の継承で貢献します。

株式会社ラグロフ設計工房 本社
〒700-0806 岡山市北区広瀬町3-3 島本ビル502 Tel:086-206-1170 FAX:086-206-1171
東京支店
〒105-0004 東京都港区新橋1-11-7  新橋センタープレイス2階ビジネスセンター内 TEL:03-6263-9677
島根事務所
〒699-0613 島根県出雲市斐川町神氷1953 Tel:0853-72-2786